プロミスは学生でも借りられる?

 

プロミスは学生でも借りられる?

消費者金融と言うとサラ金や怖い人というものが連想され怖いというイメージを持つ人がいまだに多いですよね。

バブル崩壊期は暴力的な取り立てや深夜早朝問わず自宅へ押しかけるといった乱暴な取り立てが横行していました。

現在は、法律が改正され銀行の傘下に入る企業が多くなりましたのでブラック企業のイメージは改善されつつあります。

最近では、テレビやラジオのCMに今和田の人気タレントを起用したり借金を感じさせない爽やかな内容でイメージアップに成功しています。

一方でCMの内容がイメージ戦略に偏りすぎてしまって意味不明とか何のCMだか分からないという不満の声もあがっています。

一般的に消費者金融のプロミスの学生の審査の流れをみるとキャッシングの金利というものは銀行カードローンの学生の審査よりも高い場合が多いです。

消費者金融のキャッシングの適用金利は3.0%から18.0%を設定していることが多いのですが銀行カードローンの学生の審査は1.9%から14.5%(楽天銀行)ですから、明らかに金利が低いことがわかります。

最大貸出限度額は消費者金融のプロミスの学生の審査の流れをみると場合、500から800万円が一般的ですが銀行カードローンの学生の審査の最大貸出限度額は一部の銀行を除いて800から1 200万円と高額です。

一方、銀行カードローンの学生の審査は事業用資金に使えないなどの制約がありますが消費者金融のプロミスの学生の審査の流れをみるとキャッシングの場合は事業用資金OKとされていることが多いです。

又、銀行の場合は同行に口座を開設するなどといった条件が付く場合がありますが消費者金融の場合は預金機能はありませんので、取引銀行口座を自由に設定できるメリットもあります。

お金を借りる方法としてカードローンがありますがカードローンには銀行のものと消費者金融のものと2種類があります。

銀行カードローンは金利が低く、貸出限度額が大きいのですが審査が厳しいので、属性が高い人におすすめのカードローンです。

消費者金融のキャッシングの場合、利息が高めとなっているほか、最大貸出限度額も低く、年収や他社からの借入の状況によっても限度額が大きく変化します。

そのため、消費者金融のプロミスの学生の審査の流れをみると方が銀行よりも不利と言えますが、消費者金融のキャッシングの方が銀行と比較して、審査に通りやすいと言われています。

消費者金融のプロミスの学生の審査の流れをみるとキャッシングなら審査結果の通知も早いですし、即日融資も可能なので今すぐお金が必要!というときに利用されることをおすすめします。

消費者金融は借りる時はとても簡単に貸してもらえるけど返済が遅れると怖いというイメージを持つ人は多いと思います。

数十年前は、法律を無視した怖いお兄さんによる強引な取り立てが多かったのですが近年は法律が改善されたことにより、そのようなことはありません。

金利は銀行カードローンの学生の審査と比べると若干高いのは否めませんが提携ATMの数は銀行に勝っています。

そのため、借入れや返済に関してもコンビニなどで簡単に行える上にATM手数料が無料というところが多いので銀行カードローンの学生の審査よりも便利だったりします。

また、レディースローンを用意している消費者金融もたくさんあるので女性でも安心して申し込めると人気です。

消費者金融は貸金業と言う法律で規制されていますから銀行を規制する銀行法とはまた別の法律の適用となります。

貸金業法と銀行法の最も大きな違いは貸金業法には総量規制という融資金額の制限があることです。

総量規制は、年収の3分の1を超える融資を不可とするもので総量規制によって、借り過ぎを防ぐ効果を目的としています。

そのため、専業主婦などはプロミスの審査の流れに借り入れを希望しても仮審査の段階で弾かれてしまいます。

ちなみに、銀行は銀行法で規制されているため総量規制はなく、専業主婦でも借りることができます。

消費者金融のキャッシングの審査は比較的通りやすいので審査に落ちる人には、必ずそれなりの理由や原因があると思います。

まず、過去に自己破産をした人や返済が滞った事がある人はブラックリストと言って、金融業界では要注意人物としてマークされます。

プロミスの審査の流れには貸金業法に基づいた総量規制があり年収の1/3を超える借入はできないという規則に引っかかってしまっている可能性もあります。20歳以上でアルバイトでも働いていれば学生でも借りることができます。

参考:プロミス学生の借り方は?審査通りやすい?【在籍確認親バレは?】

要は、年収300万円の場合、100万円が限度額ということになりますが、その人がすでに50万円の借入している場合は新規のカードローンでは50万円が限度額となります。

又、複数の金融業者から借り入れがある人は多重債務者といい、どの消費者金融でも融資を受けることは難しいでしょう。

近頃の消費者金融はCMなどを見てもとてもクリーンなイメージがありますが一昔前まではサラ金や街金と呼ばれ裏稼業という感じの怖い業種でした。

当時はバブル経済と呼ばれ金銭感覚がマヒしてしまった人たちが多く簡単にお融資してくれる街金で借金を繰り返す人が増えてしまい社会問題になったほどです。

借りたお金はもちろん利息をつけてきちんと返さなければならないのですが簡単に借金する人に返済能力があるわけがありません。

もちろん、サラ金や街金はきっちり返済してもらわないことには損失になってしまいますので当時はかなり暴力的な手段で取り立てを行っていたようです。

今は乱暴な取り立ては法律違反となりますので以前のように怖い人が自宅まで押しかけてきて借金を取り立てるようなことはありません。

以前は銀行からお金を借りるには複雑な手続きが必要となるため融資までに時間を要しましたが最近では銀行でもカードローンが取り扱われるようになったので、比較的短時間で借りられるようになりました。

金融機関は基本的にお金を貸して得られる利子で売上を確保して企業としての利益を上げています。

銀行と消費者金融のプロミスの学生の審査の流れをみると金利を比較した場合、一般的には消費者金融の金利の方が高いと言われています。

しかし、中には消費者金融よりも金利が高い銀行カードローンの学生の審査もありますから一概に消費者金融のプロミスの学生の審査の流れをみるとほうが銀行カードローンの学生の審査よりも金利が高いとは言えないのです。

カードローンは審査を経て個人の貸出限度枠が決められその範囲内であれば何度でも借入や返済が可能と言うキャッシングローンです。

毎月の決まった日時に残高に対して利息が計算され毎月の返済日に引き落としをされる約定返済が基本の返済方法です。

返済金額は残高によってランク分けされて決まっているためその金額の範囲内で利息分を差し引いた後の金額が元本の返済となります。

ですから、利息の計算日までに極力元本を減らしておくこのが利子を減らす有効な方法となります。

返済手段には約定返済以外に繰り上げ返済と言う方法があり繰り上げ返済は多収入が多かった時にまとめて返済することで効率良く元本を減らすことができます。

プロミスは学生でも審査に通る?

複数の消費者金融から借金をしている人のことを多重債務者と言ってどこからも融資をしてもらえない可能性があります。

冠婚葬祭が重なってしまったなど予定外の出費に、給料日までお金がないということがあると思います。

そんなピンチの時に救ってくれるのがカードローンです!プロミスのカードローンならネットから簡単に申し込みができ担保や保証人も不要で即日借り入れることができます。

一度カードローンを利用すると簡単に現金を手にすることができるので預金を引き出す感覚で、どんどんお金を借りてしまう人もたくさんいます。

すると、あっというまに限度額に達してしまうため複数のカードローンを掛け持ちすることになりかねませんのでくれぐれも注意して下さい。

消費者金融は法律の改正やCMでのイメージアップで年々、ブラック企業というイメージは払拭されつつあります。

最近は就職先としての人気もうなぎ上りのようなので消費者金融業界について業務内容や労働条件をみていくことにしましょう。

主な業務内容は債務者の個人データをパソコンに入力・管理し、返済遅延者に電話やメールで督促知らせを出すという業務があります。

就職に際して取得しておくべき資格はありませんが店長(責任者)になるには「貸金業務取扱主任者」の資格が必要となります。

年収についてですが大卒の初任給で20から30万円程度でとされておりノルマ達成などの成果を上げるとボーナスという形で評価されます。

消費者金融のキャッシングと銀行カードローンの学生の審査にはそれぞれにメリットデ学生の申し込みのメリットがあるので比較してみました。

消費者金融のキャッシングのメリットは審査時間が早いことや、審査に通りやすいなどがありますが銀行カードローンの学生の審査と比較すると高金利であったり、借入限度額が低いというデ学生の申し込みのメリットがあります。

銀行は銀行法、消費者金融は貸金業法と規制を受ける法律が異なっており貸金業法には総量規制と呼ばれるものがあります。

これは、個人の借り過ぎを抑止するために制定された規制で借り手の年収の1/3を超えてはいけないというものです。

ただし、住宅ローンやマイカーローンのような担保を必要とするローンは除外されキャッシングなどの無担保ローンに適用される規制です。

消費者金融業者の借入れ条件やデータはランキングサイトを利用するのが便利です。

消費者金融ごとにまとめてくれているサイトもあれば一覧表にして比較しやすく表示してくれるサイトもあります。

各プロミスの審査の流れについておすすめポイントなどを記載し紹介しているサイトもあるのでプロミスの審査の流れにあまり知識がない人でも、簡単に比較することが可能です。

さらに公式サイトへのリンクを貼っているすぐに行けるようになっていたりするので比較検討後、すぐに申し込み手続きをすることもできてしまいます。

また、ランキングサイトの中には、審査に申し込む時の記入方法がわかりやすく記載されていたり、審査をクリアするためのコツを教えてくれるサイトもありますので、積極的に利用することをお勧めします。

消費者金融の学生の申し込みのメリットは銀行に比べてお金が借りやすくほんの数年前までは、簡単な手続きで融資を受けることが可能でした。

当時は、現在のようにきちんとした法整備が確立されていなかったため、規定の金利よりも高い金利で借り入れをして人がいたようです。

これが、最近テレビなどでよく耳にする過払い金というもので多く支払わされた金利を意味します。

過払い金は返還してもらう権利があるのですが、過払い金を戻してもらうには期限が設けられているので注意が必要です。

完済日から10年経過すると時効となり請求権を失効してしまいますので心当たりがある方はまずは法律相談事務所に相談することが大切です。

カードローンの新規に申込場合、一般的には、郵送や電話インターネットによる申し込みがあります。

郵送を希望する場合は、店舗などから申込書を入手して必要事項を記入しましたら返送し、審査の結果を待ちます。

審査に通過し必要資料のコピーを同封して送れば契約手続きが行われて、ローンカードが郵送されてきます。

ちなみに、パソコンやスマホからの申し込みの場合サイトに設置されている申込フォームに入力して送信するだけです。

学生の方の審査の流れが通過した旨のメールが届いたらメールに記載されているサイトへアクセスして必要書類をスマホ等で撮影してアップロードすれば学生の方の審査の流れが完結する「web完結」が最近のカードローン申請の主流です。


Copyright (C) アコムならいくら借りられる? All Rights Reserved